親子ローンを利用すれば住宅ローンが組みやすくなる

親の年収と、子の年収のどちらも審査対象にすることで住宅ローン融資を利用しやすくするのが親子ローンです。

住宅ローンを希望しているけれど、年収が少なめだと感じている人は、親子ローンにするという方法があります。

親子の年収をどちらも審査対象にすることで、住宅ローンを借りやすくするやり方です。

この親子ローンは、2人で同時に返済するのではなく、返済時期をずらして返済していくのが特徴です。

住宅ローンを借りたいけど、年を取り過ぎているとと感じている人でも、親子ローンなら融資を受けられることがあります。

一般的に、住宅ローンは70歳以下であることが審査でも重視されますが、70歳以上でも融資を受けることが可能になります。

ローンを組む時には、返し終わる時点で何歳になっているかも大事なポイントとされていますが、親子ローンにしておけばより長く借り続けることが可能になります。

受け継ぐ側の年齢条件は、全額返済する時に80歳以下であり、契約時の年齢が20歳から70歳の範囲におさまっていることです。

親子ローンで2番目の返済を担当するのは、後継者や配偶者など、関係に条件があることも注意が必要になります。

金融機関によっては、将来同居を予定しているのであればローンが利用できるケースもあります。

頭金の入れ方で購入する不動産の持ち分を事前に決めておくなどの取り決めが、親子ローンを使う時には必要な手続きになります。

親子ローンは住宅ローンの幅を広げる便利なものですが、あらかじめきちんと調べておくことが大事です。