親子ローンを利用する時のメリットについて

住宅ローンではまとまったお金を借りることになりますので、金融機関の審査もそう簡単には通りません。

住宅ローンを組んでマイホームを手に入れる方法は一般的ですが、2世帯住宅を建てる人がよく利用するのが親子ローンです。

高齢者の割合が増えてきた昨今では、親との同居や近居を検討しているという家庭が増加しています。

新築の家で親子が同居することになれば、住宅ローンの支払いを親子ローンで組むという考え方も悪くはありません。

高額のローンを借りることができれば、それだけ好条件の家を買うことができます。

もちちろん、現在同居しているか同居の予定がある親子がローンを組むことが前提になります。

親子のリレーローンと、ペアローンでは条件が異なることにも注意をしてください。

親子リレーローンは、まず最初は親が返済をして途中で子供が返済を引き継ぐもので、メリットとしては高齢者でもローンを組むことができる点です。

親子ペアローンは、同じ不動産を親子が分担して住宅ローン契約を結ぶ形です。

返済を交代するものではないことが、リレーローンとペアローンとの異なる点です。

親子ペアローンなら、住宅ローンを実質的に2本組むことになりますので、融資金を増やすことができます。

それぞれのご家庭に合ったタイプの親子ローンはどちらになるのか、しっかり見極めることが大切です。