親子でローン契約をすると審査に不利になるのか

親子でローン契約をする場合は返済能力が低いと判断されて審査で不利になると思っている人がいるようです。

親のローンが返し終わっていないと、子供がローンを組みたくても断られるという話を効くことがありますが、いずれも根も葉もない話です。

ローンを利用するときは個人、つまり自分自身の返済能力に応じた借り入れになります。

小口のキャッシングなら、家族の全員が個別に利用しているという家庭もいますし、親子がおのおので融資を受けていることもあります。

親子で一つのローンを組み、最初は親が、次にその後継者が返済をするというものがあります。

親子で借りる場合は互いに借金のことを伝えたほうがいいと考えるかもしれませんが、キャッシングなどの個人向けローンならその必要はありません。

個人を対象とした多目的融資はプライバシー性が重視されており、金融機関による在籍確認では、個人名を名乗ってくれます。

家族や、配偶者にも気づかれることなくローンを借りたいと思っている人は意外と多いのです。

ただし家族で生活費を調達するような状況なら、親子の同意のもとで借り入れするのがおすすめです。

親子の信用はどちらが高いかは、各家庭によって違います。

子供のほうが若く将来性があるといっても、親が年収や勤続年数も高いこともあるでしょう。

年収の高さだけでなく、返済が終わっていないローンがある人がさらにローンの申し込みをすると審査では不利です。

親子で協力して借り入れするなら、年収や勤続年数、延滞の有無などを考慮して審査で有利な人が申し込みするのが得策です。