ダイエット後にリバウンドしない為には筋トレが必要

食事で摂取するカロリーの量を減らすことでダイエットを達成したいという人はたくさんいます。
体重増加の要因と目されているものは、米やパンなどの炭水化物に含まれる糖質です。
とはいえ、食事制限の際に糖質を断つと、人体は減った糖を筋肉から得ようとします。
筋肉が糖質になると、筋肉自体の量が少なくなって、基礎代謝の低い体になってしまいます。
人体は、じっとしている時でも、基礎代謝として必要な分のエネルギーを使っていることが知られています。
全身にバランスよく存在している筋肉によってエネルギーは消費されていますので、筋肉はダイエットに必須の存在です。
ダイエットのためにと運動をしていると、鍛えすぎて筋肉が増え、体重増加の要因になるという考えは間違いです。
筋肉増強をはかることで基礎代謝が高まりダイエットがしやすくなり、カロリー制限のためにと糖質やたんぱく質を抑える筋肉の原材料が不足して筋力低下を招き、体脂肪の燃焼が滞ります。
筋骨隆々とした体つきになりたいわけではないからと、ダイエットはするけれど筋トレは避ける女性もいます。
男性特有の筋肉質な体は、ただ筋肉が増えればなるものではなく、男性ホルモンの作用も関係しています。
そのため、筋トレをして筋肉質な体型になる男性はいますが、女性はよほどのトレーニングがなければ筋肉質にはなりません。
ジョギングや、ランニングなどの有酸素運動が、脂肪を速やかに燃やす効果があるとも言われています。
有酸素運動をすることで、身体に酸素を取り入れながら脂肪燃焼を促すことが可能ですが、有酸素運動をする一方で筋トレも行い、体脂肪を燃やしやすい体質づくりをすることも有効です。
身体への負荷をかけすぎず、スムーズに体重を減らせるような体質になるには、筋トレをダイエットメニューに取り入れることです。